2014年5月31日土曜日

グルテンフリーについて

今週は月曜日に食材の買出しに行ったきり何も買い足していなかったので、
冷蔵庫の中は調味料類を除いてほぼすっからかん。

金曜日のお昼はなんとかパスタを作れるだけの食材はありましたが、
夕飯を作るだけのものはない。

ですが、その日どうしても集中してやりたいことがあったため、食材を買いに行って夕食を作る時間が取れそうにありませんでした。
そのため夫に連絡し、夕飯はラーメンでも食べに行こうということになりました。

ですが、夫がなんだかんだで帰宅したのが夜の10時過ぎ・・・
こんなことになるなら、夜買い物行って作ったほうが早かったかも・・・なんてことが頭をよぎりましたが、まぁしょうがない。

そして夜11時すぎに、味噌ラーメンと餃子とタコワサを食しました。

目の前に食べ物があると、お腹が一杯でもなかなか残すことができない性分なので、気持ちよく完食したのですが、その後膨満感が尋常じゃない。

時間も遅かったし、年齢的なものもあって消化に時間がかかるのは当然。
でもお昼にパスタをたらふく食べていたことも大きな要因かな。
グルテン摂取量がその日はものすごいことになっていたのだと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、グルテンは小麦、大麦、ライ麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種。

日本では全く意識していなかったのですが、カナダに来てから「グルテンフリー」と記載のある食品を見かけたり、レストランでもそのメニューがあったり、また知り合いから話を聞いたりと、かなり身近な言葉になっています。

私も自分の健康状態を普段より少し気をつけて観察するうちに、決して他人事ではないと気づきました。

グルテンフリーのことを調べると「セリアック病」や「グルテン過敏症」という言葉が出てきます。

私は医療に従事する者ではないので、ここからは自分の備忘録のため、インターネットで調べた結果を記載しますのでご参考まで。
(参考にしたウェブサイト:Toronto CeliacCanadian Celiac Association

セリアック病: 遺伝性の自己免疫疾患で、グルテンによって小腸の粘膜にダメージを受けてしまう病状。その結果、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルといった体に必要な栄養素の吸収が妨げられる。

症状: anemia(貧血), chronic fatigue(慢性疲労), vitamin deficiency[A,D,E,K&B12](ビタミン欠乏症),depression(気分の落ち込み) diarrhea and/or constipation(下痢・便秘), flatulence, bloating, abdominal pain(ガスがたまる,膨満,腹痛), nausea and/or vomiting(吐き気・嘔吐), mouth ulcers(口腔内潰瘍) weight loss(体重減少), easy bruising(あざができやすい), bone/joint pain(骨・関節の痛み), edema(swelling) of hands and/or feet(手や足の腫れ), lactose intolerance(ラクトース不耐性), amenorrhea(無月経)


上記の症状は一つのウェブサイトからとってきたものですが、このほかにももっと色々な症状がたくさんのウェブサイトに記載されています。
私はセリアック病の検査を受けたことはないので自分がそうなのか分かりませんが、なんとなく体が鉛のように重く感じたり、お腹が張ってガスがたまってたり、便秘になったりというのは、どうもグルテンを摂取した後に起こるような気がしています。
それ以外の症状も思い当たる節が多いです。

自分が感じているこういう症状が何に起因しているのか自分で理解するためにも、検査を受けてはっきりさせたい。

普段自分で料理するときは、グルテンフリーの製品を使うというよりは、グルテンを含まない食品を食べるようにしてます。
それでも小麦粉が使われているお醤油やお味噌を使っているし、ビールも飲むし、その他色々完全除去はできていません。

そして金曜日みたいに、パスタにラーメンに餃子なんていうグルテン祭りのような一日を過ごすことだってあります。

食事中は「あ~おいし~」なんて思いながら食べてるけれど、食後は結構しんどかったりもするので、要はバランスかなぁ。

自分の体で何が起こっているのか、もっとちゃんと把握していきたいと思うこの頃。









0 件のコメント:

コメントを投稿